プラセンタ注射を打つ前に、必ず説明されるデメリットって…

プラセンタ注射は、プラセンタの効果を「ガツン!」と感じることができる、とても効果的な摂取方法です。
でも、「プラセンタを直接皮下へ注射する」ため、普通の薬以上にデメリットがどうしてもついてきます

もちろん、それでももう何十年も更年期や肝機能障害、そして美容のために使われてきた治療法です。
デメリットがあるからと言っても、そこまで怯える必要はありません

もちろん、プラセンタ注射を打つことになったら病院でも説明はあると思いますが、 正しくデメリットを理解して、自分で選択できる知識を身につけておけば良いのだと思います。

プラセンタ注射を受ける上で考えられるデメリット

ヤコブ病などの感染症やアレルギーのリスクがあります。
プラセンタ注射は人から抽出したプラセンタを使用するため、感染症が起こるリスクがあります
でも確立はとてつもなく低く、これまで起こった感染症も因果関係がわからないことの方が多いほどです。
ただ、昔は注射の使い回しが普通だったけれど、そのせいで不要な病気を引き起こしてしまうなど後々になってわかることもないとは言い切れません。
現在もプラセンタ注射を続けている人は法律的に献血ができないことになっているように、「そういう可能性はゼロではない」ことを理解しておく必要があります
注射によって、肝障害が起こる可能性もあります。
薬と違い、プラセンタ注射は皮下に直接体にはない成分を入れるので、肝障害が起こる可能性もあります。
「注射をし続ける」というのは、人によっては思わぬ負担になることもあるのです。
これはプラセンタ注射に限ったことではありませんが、実際にそんな障害が起こった方も実際にいます。
これも「起こる可能性がある」ことを忘れないでおきましょう。
病院に通い続け、毎回高額な治療費を払うのは、思った以上に面倒です…。
プラセンタ注射は、少なくとも週に1回、病院で注射を打ってもらう必要があります。
その費用は1回だいたい2,000円〜5,000円。月に最低でも4、5回は支払うことになります。
その話だけ聞くと別に大丈夫だと思われるかもしれませんが、実際にはじめてみると、意外に面倒ですし大変です
プラセンタ注射をはじめた方でも結局、ここがネックになってやめてしまった方がとても多いという現実もあるのです。
週に1回くらいの注射や点滴では、思ったような効果は得られないかも…。
プラセンタは、体に留まるような成分ではないので(そんな成分ほとんどありませんが…)、週に1回注射で摂取したくらいでは、プラセンタの効果を十分に発揮できることはないかもしれません
効果を実感できるとしても、きっと2、3日の短期的なものなのではないかと思います。
まれに、2週間に1度、病院で点滴をしながらサプリを飲むという方法を奨める病院もありますが、
そんなことするくらいならはじめから本当に良いサプリだけにした方が効果も満足度も高いと思う…
というのが、注射も点滴もサプリも試してきたわたしの持論です。

以上が大まかなプラセンタ注射のデメリットです。

ただデメリットに怯えるだけでなく、しっかり情報収集して、

  • 自分が何のためにプラセンタ注射を打とうと思っているのか
  • それによって期待できる効果はどれくらいか
  • 費用や手間に対して、見合った効果が期待できるか

自分なりに答えを出して納得できる方法を選ぶのが良いのだと思います。

プラセンタ注射のデメリットをすべてカバーできるサプリメントがあります。

MF3羊プラセンタカプセルの公式サイト

プラセンタサプリというと、プラセンタ注射ほどの効果が得られるほどのものなんてない、と思われるかもしれません。
確かに、プラセンタの質が悪かったり、含有量が明らかに少なかったりするサプリも少なくありません
そもそもサプリメントは食品なので、食べるだけで皮下注射するほど吸収ができるかというと疑問も残ります。

でも、プラセンタ注射のデメリットを気にされる方がじわじわ乗り換えているサプリメントがあります。
それが、MF3羊プラセンタカプセルというサプリメントです。

このアイテムがおすすめできるポイント

プラセンタサプリの中では桁違いにプラセンタ注射に近いサプリメントとも言われています。

  • プラセンタ注射並みの効果を自宅でも実感できるように」開発されたサプリメント
  • 1カプセルに8,000mgのプラセンタを濃縮して配合
  • スイスの高級美容クリニックで開発。全世界で1,000万箱以上の販売実績
  • 特許製法で抽出されているので、プラセンタの細胞が生きたまま摂取できる
  • ニュージーランドの医療用羊を使用。これまで副作用の報告はゼロ。

価格はプラセンタサプリメントの中ではかなり高額ですが、プラセンタ注射と比較すると8割〜半額程度

効果は確かに、続ければ続けるほどプラセンタ注射を打った直後のような調子の良さが持続するようになったので、
「プラセンタ注射並みの効果が得られる」というのは大袈裟な表現ではないようです。

しかも、特許製法なのでこれほどの効果が得られるサプリは今のところほかにはなく
プラセンタ注射や点滴を続けていた人でも満足できる効果が得られた!
プラセンタ注射から乗り換えることができた!

という口コミがある数少ないプラセンタサプリメントです。

マドンナも愛用MF3羊プラセンタカプセルの詳細を見る

このアイテムをおすすめできる人、そうでない人

  • プラセンタを使う目的がはっきりしている方
  • プラセンタ注射を打ちに、半年以上病院に通う自信がないという方
  • プラセンタ注射は打ちたいが、費用はできるだけ抑えたいと思っている方
  • 感染症やアレルギーなどのリスクがどうしても気になる、という方
  • プラセンタサプリメントを飲んだことがある方、その効果に満足ができなかった方

特にプラセンタ注射を半年続ける自信がなかったという方やプラセンタ注射を途中で辞めてしまった方から、
高い満足度が得られたという声が多いようです。

このアイテムの費用対効果は

プラセンタを使う目的がはっきりしていないともったいない。
でも、プラセンタで解決できる悩みがあるなら本当に使ってみてほしいサプリです。

MF3羊プラセンタは高いので目的がはっきりしているなら満足度も高いハズ

このプラセンタサプリメントは、サプリメントとしては高額です。
なので、プラセンタを摂取する目的がはっきりしていないなら絶対にもったいないです。
でも、プラセンタによる効果で助かることがあるなら、私はこのサプリメントが費用対効果が1番良いと思います。
(実際、私もPMSで毎月生活に大きな支障がありましたが、このサプリメントで劇的に改善されました)

はっきりした目的があるなら…MF3羊プラセンタカプセルを試してみる

商品情報

価格がネックなら、思いきって半年分セットを購入してみても…

このサプリメントは10日分のトライアルセットも用意されていますが、ちょっと割高です。
他に、1ヶ月分、2ヶ月分、半年分のセットも用意されていて、そちらなら返金保障も付いてくる上、たくさんの量を購入すればするほど、割引額が増えていくので、思いきって半年分のセットを購入される方も少なくありません。

MF3羊プラセンタカプセル
商品名 MF3羊プラセンタカプセル
公式サイト http://placenta-wiki.jp/
通常価格/1日あたり 21,000円(30粒入り) 1日あたり633〜700円
原材料 濃縮羊プラセンタエキス・海洋性プロテイン・ビタミンC・大豆油・ミツロウ・バター・大豆レシチン・魚ゼラチン・グリセリン・ソルトビール乳脂肪・精製水・カラメル色素・カロテン色素・カプサイシン色素・ベタニン色素

このページの先頭へ